誠之館対策模試 12月6日(日)のご案内

2020.11.12
全校テスト模試

 誠之館高校の選抜Ⅱの学力検査について確認しておきます。数学は広島県一般検査問題は使わず、誠之館独自問題で実施され、英語は広島県一般検査問題に加え、誠之館独自問題を20点分行います。国語・理科・社会は広島県一般検査問題を使います。

 2020 年度広島県一般検査問題の平均点は、国語26.5 点・社会22.0 点・理科28.6 点・英語23.9 点となっており、どの科目も難易度が高い入試問題になります。(50 点満点)数年前と比較すると難易度は下がりましたが,全国的に見ると広島県公立高校入試問題の難易度は高いです。

 若竹塾ではこのような入試に向けて合格に必要な力を様々な点から分析し(内申点ももちろん考慮しています)、来年度入試の予想問題を準備しました。

 基本的に公立高校の入試において内申点がおよそ半分占めることには変わりありませんが、最近の入試では公立の上位校である誠之館は、内申点だけで合格できる保証がなくなりつつあります。誠之館独特の数学・英語の自校作成問題や理社の記述問題などの傾向をしっかりつかんでその対策を早期から立てておく必要が増してきています。

 若竹塾の誠之館対策模試は、難化・複雑化傾向にある誠之館入試に向けて、今後の合格に向けての取り組み方をアドバイスするための模試です。是非、ご参加ください。

   なお、受験料は塾生・一般生ともに無料です。また、塾生のみなさんにとどまらず、お知り合いの方で誠之館を受験する方がおられましたら、是非、ご紹介ください。

日時:2020年12月6日(

試験時間 13:00~18:20

受験料:無料

主な出題内容

■主な出題内容

英語:リスニング・読解・作文・文法

数学:中1、中2 範囲はすべて・中3 は相似まで(三平方の定理を除く)

国語:小説・説明文・古文の読解・条件作文

理科:1、2 年生の学習範囲・生殖と遺伝・イオンと中和

社会:地理、歴史は全範囲・公民は「民主政治のしくみ」まで

※誠之館対策模試をご希望される方は紹介カードに必要事項をご記入の上、直接受付にお持ちいただくか、塾生にお渡しください。お電話でのお申し込みも受付けております。